釣り雑誌「釣ファン(TSURIFUN)」で知った「テンジクタチ」と「ネリエサ」のこと

Pocket
LINEで送る

はじめに

3連休はお嫁さんの実家がある福岡で過ごしていました。

お正月以来の福岡で、美味しい焼肉、お寿司、豚骨ラーメンを食べてきましたよ。

一方、福岡では海を見ることなく、釣りもすることができませんでしたが、お嫁さんが買い物へ行っている間に、本屋に寄って、地元の釣り雑誌を調査してきました。

そこで見つけた雑誌「釣ファン」で、今までに知らなかった「キビレタチウオ」のこと、次の釣行で試してみたい「ネリエサ」のことを見つけたので紹介しますね。

釣ファン(TSURIFUN)

九州もタチウオがシーズンです

地元の釣り雑誌を探していたところ、関西では見たことがない「釣ファン」という九州・山口の総合釣り情報誌を見つけました。

関西でもシーズン真っただ中のタチウオが表紙を飾っています。

釣ファン

この雑誌のタチウオの特集を見ていて、勉強になったのは、「キビレタチウオ」という魚がいること。

「キビレチヌ」は知っているのですが、「キビレタチウオ」は知らなかった。

正式名称は「テンジクタチ」というそうです。

写真は市場魚貝図鑑さんのサイトで見ることができます。

見た目は本種の「タチウオ」とそっくりで、背びれが黄色。

味も変わらず美味しいらしいですよ。

「タチウオ」よりも外洋にいるので、陸からはほとんど釣れず、船釣りのターゲットになるみたいですね。

タチウオ釣りはここしばらくしていないんですが、夜の海で、あのタチウオの引きをまた味わいたい気分になりました。

チヌ釣りのネリエサで参考になったこと

釣ファン」には、チヌの記事がたくさん掲載されているのですが、紀州釣り、団子釣りにつていはまったく触れられていませんでした。

九州ではフカセ釣りがほとんどで、紀州釣りの人口は少ないんでしょうかねぇ。

フカセ釣りの記事でも紀州釣りに役立つ情報があるはずと、読み進めていると、気になる記事がありました!

それは、2色のネリエサを混ぜて使いうこと。

釣りファンのネリエサ

普段、ネリエサは一色しか使わないので、この使い方を見たときは、そういう使い方もあったか!と大きくうなづきました。

もしかしたら、ネリエサはの使い方として一般的なのかもしれませんが、私は黄色か赤色のどちらか一方しか使わないので、混ぜて使うということが新鮮でした。

次回の釣行では2種類のネリエサを持って行って、混ぜて使うやり方も試したいと思います。

まとめ

自分の地元で手に入らない雑誌からも、新しい発見や知見が得られることがわかりました。

2種類の色のネリエサを混ぜて、1種類を加えると、3種類のバリエーションを試すことができることになります。

福岡の地で、釣果に直結するエサのバリエーションについて、良い情報を得ることができてよかったです。

釣り方のバリエーションの重要性についてはこちらの記事にまとめていますので、参考にしてください。

海と水晶【初心者向け】釣り人が爆釣(ばくちょう)体験の罠に落ちないための思考法
はじめに 釣りをしていると、ある日、過去にないほどの数が釣れたり、年無しが釣れる爆釣(ばくちょう)体験をすることがあります。 ...

友だち追加

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

フォローする