ジーンクエストで遺伝子診断をやってみた結果を公開!健康で長生きするために自分を知ることから始めよう!




Pocket
LINEで送る

はじめに

自分がかかりやすい病気や体質を知りたいと思ったことはありませんか?

遺伝子を解析することで、おおよそのことがわかってしまう時代になっていますよ。

最近、自分の遺伝子診断をして、かかりやすい病気や体質がわかったので記録として残しておこうと思います。

今回、私が遺伝子診断に利用したのはジーンクエスト。

届いたキットで唾液を採取して返送するだけで自分の遺伝子を解析してくれるサービスです。

生活習慣病などの疾患リスクや体質の特徴など300項目以上の遺伝情報が得られるのが特徴。

遺伝子診断の結果と現状で腑に落ちる点、または現状と合わいないなと思う結果が出てきて興味深いです。

そして今回の遺伝子診断をやってみて一番良かったのは健康への関心が高まったこと

自分の体質やかかりやすい病気がわかれば、日々の健康を意識する役立てることができますね。

生物学系の分野で学んで働いている私にとってはメッチャ興味あったので解析結果を報告します。

ジーンクエスト

今回、私が利用したのはジーンクエストの遺伝子解析サービスです。

ジーンクエストは、日本で初めて個人向けの遺伝子解析サービスをはじめた会社で、科学的根拠に基づくデータを提供しています。

また、解析は遺伝子解析のCSPro認証とCAP認定という認証を取得している信頼性の高い国内外の拠点で行なっているようです。

CSPro(Certified Service Provider)認証とは、Illumina社の受託サービス機関認証プログラムであり、遺伝子解析において高品質のデータを提供する受託サービス機関とIllumina社のパートナーシップを意味します。CSPro認証の受託サービス機関では、イルミナシステムを用いた高品質で安定したデータが約束されています。

CAP(米国病理学会)認定とは、臨床解析ラボの解析、査察を通じて、対象システムの技術水準を認定するもので、遺伝子解析が十分な信頼性でアメリカの食品医薬品局(FDA)にも提出できる技術水準であることを証明するものです。

引用:ジーンクエストHP

ジーンクエストで提供されているサービスは2つです。

  • ジーンクエストALL
  • ジーンクエストLITE

ジーンクエストALLは、300項目以上の健康リスク・体質の遺伝的傾向や、祖先のルーツがわかるフルパッケージ版。

肥満の傾向やアルコール分解能力など、気になる体質もくわしくチェックできます。

また、研究が進んで新たな結果を提供できるようになった場合でも、追加費用なしで確認できるのが特徴。

一方、ジーンクエストLITEは検査項目が34項目と少なく、先祖解析、アルコール、ダイエットがないパッケージです。

今回は自分の遺伝子を解析するなら現在の技術をフルに活用したいと思い、ジーンクエストALLを選択しました。

解析の流れ

  1. ネットから遺伝子解析キットを購入。
  2. 解析結果を受け取る前にネットからマイページ登録を行う。
  3. 自宅に届いたキットに自分の唾液を採取し、同意書に必要事項を記入する。
  4. 返送箱に同意書と採取した試料を入れ、返送する。
  5. 4~6週間後、解析終了メールが届き、Web上で解析結果を確認。

注意点としては唾液を採取するのは飲食してから30分以上経ってからとういう点です。

あと、唾液の量は意外と多くて頑張ってペッペッと出しましたよ。

検査項目

検査項目は大きく分けると、健康リスク、体質、先祖解析の3つ。

健康リスクや体質はより詳しい項目に分類されていて、気になる項目を確認しやすいです。

 

遺伝子診断から、体質の結果だけを示すのではなく、役立つ基礎知識をまとめてくれたり、ダイエットのシミュレーションも可能です。

検査結果

私の場合、検査終了の方向は試料を返送してから約5週間でメール通知されました。

仮登録から解析完了までは以下のスケジュールでした。

  • 仮登録:2020年9月26日
  • 試料送付:2020年9月27日
  • 解析完了:2020年10月30日

実は解析完了のメールは釣りをしている間に気づき、ワクワクしながら帰宅してすぐに確認しました。

マイページの概要はこんな感じで示されており、各項目でより詳しい解析結果が示されています。

健康リスクの項目は、臓器ごとあるいはリスクの高低で分けられているので、自分にとってリスクが高い病気を把握しやすいです。

診断の結果、リスクが高い項目に挙げられていたのは15項目でした。

そのうち、実感があるのは腎臓結石

一度結石をやっているので、当たってる!って感じです。

その他、面白いなと思ったのは新型コロナ(COVID-10)の重症化のリスクがわかることです。

流行りだしてから1年も経っていないのに遺伝子的なリスクを診断できるのはすごいなと感じました。

私は、新型コロナによる炎症反応の重症化リスクが高く、呼吸不全の重症化リスクは平均的でした。

この結果から、より一層の感染対策を心がけようと思います。

体質で勉強になったのは尿酸値

遺伝子解析の結果は一般的だったんですが、健康診断ではいつも高いんです。

とうことは、食生活の改善が必要ということがわかりました。

肉を控えて、野菜を食べて、水を多くとろうと思います。

学生の頃に知っておけばもっと頑張ったかもしれない体質が、陸上の短距離タイプか長距離タイプ

高校時代は短距離選手だったんですが、記録は振るわず、自分はもしかして長距離タイプかも?と心の中で言い訳していました。

短距離タイプは速筋繊維が多く、長距離タイプは遅筋繊維が多いようです。

筋肉に関するタイプも遺伝子で決まっていて、解析結果は、速筋繊維が多く、遅筋繊維が少なく、短距離タイプの判定。

学生の頃に解析していたら、もっと本気で練習に励んでいたかも?

遺伝子解析の結果と現状が合わない体質は乗り物酔い

遺伝子解析の結果では、乗り物酔いになりにくいタイプのようですが、私は少しの揺れでも酔ってしまいます。

睡眠を十分に取ったり、酔い止めを飲んでもほぼ確実に酔ってしまいます。

娘と行く公園のブランコに乗ると1分持たないで酔ってしまうんです。

釣り師としては船や筏で釣りができないので非常に厄介な体質。

なぜなんでしょうかねぇ。

アルコールに関しては強いという判定になり実感として当たっています。

普通に酔いますが、酔いきれないんですよねぇ。

お酒の席が苦手なのは、酔えなくて楽しめないということになるのかな。

嬉しかった判定は、95才以上まで生きる可能性がより高いタイプということ。

日本人の4.7%しか持っていない遺伝子型のようです。

長生きで釣り三昧な日々を長く楽しめることに期待します!

まとめ

ここで紹介した解析結果はほんの一部で、ガンのなりやすさも遺伝子でわかったりするので見ているだけで興味深いです。

また、これから気をつけるべき病気がわかるので、健康診断の結果を合わせて見るのが楽しみになりました。

今回の遺伝子診断をやってみて一番良かったのは健康への関心が高まったことです。

自分の体質やかかりやすい病気がわかれば、日々の健康を意識する役立てることができますね。

ちなみに、遺伝子診断では自分の遺伝子情報の取り扱いが気になりますよね。

個人情報の取り扱いとしては、ジーンクエストはプライバシーマーク認定業者になっていて、「個人情報」を大切に取り扱う事業者として認定されています。

また、遺伝子情報の取り扱いや倫理面について中立的な議論や審査をする倫理審査委員会が設置されています。

個人情報の取り扱いは、メリットとデメリットのバランスだと思います。

今回、私はジーンクエストは個人情報の取り扱いについて信頼できると考えて診断を依頼しました。

ただ、少しでも不安を感じる人は、あとあと心配が続くことになるので、利用はやめておいた方がよいと思います。

なお、ジーンクエストの購入はジーンクエストの公式ホームページの他に楽天市場、Amazon、Yahoo!ショッピングで購入可能です。

私は楽天市場をよく使うので楽天24で購入しました。

お買い物マラソン中だったのでポイント分は公式ページから購入するよりも安くできましたよ。

健康に不安があったり、より健康でいたいと思っていたら、遺伝子診断することをオススメします。

 

Pocket
LINEで送る

フォローする