承認欲求を否定せよ!釣り場で落ちているゴミを拾うのは、 褒めてもらうためではありません。




Pocket
LINEで送る

あなたが、金銭的な自由を手に入れたとき、

巨万の富を得てもなお、幸福になれないとき、

あなたに残っているのは、

どんな悩み、

どんな不自由でしょう?

それは対人関係です。

では、対人関係のなにが、われわれの自由を奪っているのか?

それはいわゆる「承認欲求」です。

対人関係の悩みは、ここに集約されます。

アドラー心理学では、他者から承認を求めることを否定します。

たとえばあなたが職場でごみ拾いをしたとします。

それでも、周囲の人々はまったく気づかない。

あるいは、気づいたとしても誰からも感謝してもらえず、

お礼の言葉ひとつかけてもらえない。

さて、あなたはその後もごみを拾い続けますか?

ごみを拾うのは「みんなのため」

みんなのために汗を流しているのに、

感謝の言葉ひとつもらえない。

だったらやる気も失せる、と感じていませんか?

承認欲求の危うさは、ここにあります。

適切な行動をとったら、ほめてもらえる。

不適切な行動をとったら、罰せられる。

アドラーは、こうした賞罰による教育を厳しく批判しています。

「ほめてくれる人がいなければ、適切な行動をしない」、

「罰する人がいなければ、不適切な行動もとる」というのは、

誤ったライフスタイルです。

あなたは、あなただけの人生を生きています。

誰のために生きているのかといえば、無論あなたのためです。

自分のために生きていないのだとすれば、

いったい誰があなたの人生を生きてくれるのでしょうか。

われわれは、究極的には「わたし」のことを考えて生きている。

そう考えてはいけない理由はありません。

他者からの承認を求め、他者からの評価ばかりを気にしていると、

最終的には他者の人生を生きることになります。

嫌われる勇気」より。

対人関係から自由になるには、

まず、承認欲求を否定しなければなりません。

釣り場で落ちているゴミを拾うのは、

褒めてもらうためではありません。

そして、釣りで魚を釣るのは、

誰かに認めてもらうためでもありません。

もし、自慢するために釣りをしているなら、

その釣りは、自分のためではなく、

他人のためにしていることになります。

Pocket
LINEで送る

フォローする