【釣行記】一足お先にGW突入!淡路島のチヌを紀州釣りで狙った結果はチヌボーズ!




Pocket
LINEで送る

淡路島で紀州釣りを3日間やってきました。

結果は、チヌボーズ!

例年、紀州釣りで春の淡路島は難しいと言われていますが、

今年もやっぱり難しかった。

下調べでノッコミチヌが上がっているところがわかったので、

ピンポイントで団子を投げてきましたが、不発に終わりました。

1日目は、東浦方面のノッコミチヌを狙いましたが、あえなく撃沈。

午後から場所を移動して、前回のキビレ祭りの場所で、またキビレが釣れました。

チヌは来なかったですねぇ。

岩屋のイワシが熱いですが、東浦方面にもサバとイワシの群れがまわっていました。

地元のおっちゃんは、夕方にアジも釣っていましたよ。

サビキするなら、岩屋から東浦方面がオススメ!

2日目は西浦のノッコミ場所に行きましたがこちらも撃沈されました。

この日から風が強くなり、集中力が持ちません。

3日目は、どこも爆風予定だったので、風裏になる場所で団子を投げました。

ここのチヌは他の場所に比べて例年遅いので、釣れる気がしなかったんですけど仕方ない。

夜明けから団子を数時間投げて、反応がなかったので終了としました。

いつもは風裏になるはずが、この日は風が強く吹いていて風向きも悪かったです。

帰路についたのお昼ごろでした。

世間もGWに入っていたので、渋滞が気になりましたがまだ空いていましたね。

GWの釣りはこれで終了。

残りは、育児に集中する予定です。

平成最後のチヌはこちらの記事で釣れた小チヌとなりました。

3日間の釣りは車中泊でした。

淡路島の連日の釣りなら、車中泊がオススメです。

各地に日帰り温泉がありますし、美味しいご飯も食べられます。

釣りの後は、温泉に入って、体を綺麗にして、ご飯を食べて、

現地で車中泊というのが私のスタイル。

港によっては綺麗なトイレも整っていたりしますし、

コンビニが各地にできているので、万が一のトイレにも困りません。

24時間開いているエサ屋さんもあるので、エサの途中調達も可能です。

淡路島の日帰り温泉とエサ屋さんは

こちらの記事でまとめていますので参考にしてくださいね。

車中泊のお供には、Hulu がオススメ。

スマホやタブレットで動画を見ながら次の日に備えるのもいいもんです。

さて、令和最初のチヌは淡路島のどこで釣れるのか?

この時期は気持ちばかりが先走りますね。

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする