【Harmony】テストネットでTranquilを使ってONEを担保にしてUSDC を借りてみた!




Pocket
LINEで送る

はじめに

もうすぐHarmonyのレンディングが始まるので、急いでテストネットで試してみました!

Tranquilというプロトコールです。

TranquilはHarmony ONEブロックチェーン上のマネーマーケットプロトコルです。

資産を供給および借りることができます。

TranquilはCompound、AAVE、Venus、Benqiなどのプロトコルに似ていますね。

Harmonyにはこのようなレンディングプロトコールがなかったので、Tranquilがいいポジション取るんじゃないかと期待しています。

メインネットでは日本時間の11月1日(月)1時から始まるみたいですよ。

今夜です!

メインネットで開始する前に予行演習として触ってみました。

加えて、報酬となるTRNQのxTRANQのパブリックセールもやっています。

xTRANQの購入はメインネットでTranquilが開始されるまでなので興味ある人は

急いでくださいね。

以下にテストネットでONEを貸してUSDCを借りる手順と、メインネットでxTRANQの入手方法をまとめました。

Harmonyでレンディング に興味ある人の参考になればと思います。

Harmony Testnetに接続する

Tranquilはまだメインネットでは動いていなくて、Testnetで試すことができます。

Testnetはメインネットとは別にRPCを設定しておく必要があるので、以下の設定をMetaMaskでしておいてください。

  • ネットワーク名:Harmony Testnet
  • RPCURL:https://api.s0.b.hmny.io
  • チェーンID:1666700000
  • 通貨記号:ONE
  • ブロックエクスプローラーのURL:https://explorer.pops.one/

テスト用の1,000 ONEをもらう

TestnetにMetaMaskをつなげたら、Transquilを試すまえにガス代のONEをもらっておきましょう。

Testnet用に1,000 ONEがもらえます。

やり方は、自分のHarmonyのウォレットアドレスを指定するだけです。

oneから始まるアドレスです。

MetaMaskで表示される方のアドレスではないので注意してくださいね。

もしわからない場合は、こちらのHarmony Block Explorerの検索窓ににMetaMaskのアドレスを貼り付けて調べてください。

Testnet ONE Faucetに自分のアドレスをペースとして「Send Me」をクリックするとすぐに1,000 ONEが入金されます。

 MetaMaskで1,000 ONEが入金されたことを確認してください。

TranquilでONEを貸してUSDCを借りる

準備ができたら、いよいよTranquilに接続しましょう。

ホームページの「Launch App (Testnet)」をクリックします。

MetaMaskをクリックして、接続手続きをしてくださ。

もし、メインネットに接続している場合はTestnetに接続するようにとメッセージが出ますので、先ほど設定したTestnetに切り替えてください。

TranquilにアクセするとMarketsが表示されます。

左側がSupply、右側がBorrwoになります。

この表示だと貸し借りできるトークンは限られているみたいです。

試しに、ONEを貸して、USDCを借りるということをしてみました。

やり方はまず、SupplyのONEの「Collateral」のチェックをクリックします。

MetaMaskで「確認」をクリック。

これでONEを貸し出すことができるようになりました。

次にONEの項目をクリックします(どこでOK)。

Depositで貸し出すONEの数量を入力して「Deposit」をクリック。

ちなみに、Collateral Weightが50%、Borrow Limitが$75.6となっているので、貸したしたONEの価格の半分まで借りられるみたいです。

MetaMaskで「確認」をクリック。

これで500 ONEを貸し出すことができました。

次にONEを担保にして、USDCを借りる手続きです。

まずBorrow Marketsの「USDC」をクリック。

先ほど書いたように借り入れは最大$75.6まで可能ですが、ONEが下落すると清算リスクが高まるので、約半分の$38を借りることにしました。

ONEが今から半分になるリスクをとるという意味になります。

借りるUSDCの数量を入力して「Borrow」をクリック。

MetaMaskで「確認」をクリック。

これでUSDCを借りることができました。

Dashboadで貸し借りの状況を確認できます。

貸し出したONEの時価$151.80に対して、借りたUSDSは$38となっています。

Borrow Limitは$75.9に対して50%になっていますね。

報酬のTRANQはここでClaimできるみたいですね。

xTRANQを買ってStakeする

xTRANQは、メインネットで開始された6か月後のロックアップ後にTRANQと1対1で交換できるトークンです。

メインネットでTranquilが開始されるまでの販売になります。

TRANQに期待するなら早めに買っておくことになりますね。

買い方はホームページの「Buy Token」から行います。

Harmonyのメインネットにアクセスした状態で、MetaMaskをTransquilに接続してください。

購入するにはONEが必要です。

購入したいxTRANQの数量を入力して「Buy xTRANQ」をクリック。

購入したxTRANQはStakeして運用することができるので、Stakeしておきましょう。

この時のAPRは486.09%となっています。

StakeされたxTRANQが表示されます。

xTRANQは156日後にredeemできるみたいですね。

さて、その頃にどのくらいの価格になっているかです。

最後に

Harmonyにレンディングできる場所ができると便利になりますね。

BTCをHarmonyに持ってきて、USDCを借りるってことも視野に入ってきます。

HarmonyではDefiKongdomsが好調なので、レンディングを使って追加投資できるかもと期待しています。

関連記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする