【Dfinity】Infinity FliesをPolygonからICPへブリッジした記録(NFTをブリッジ送信する)




Pocket
LINEで送る

NFTをチェーン間で送信する初めての経験をした記録です。

送信したのはInfinity Flies(ハエです)。

PolygonからICPへブリッジしました。

FlyはFrogの保有者に割り当てられるNFT。

受け取ったのは2021年11のことでした。

2体のNFTをBridge専用ページでPolygonからICPへ送信しましたので、その流れをまとめました。

これからFlyを送信する人の参考になればと思います。

まずGigaverse Labsのブリッジページに行きます。

あらかじめMetaMaskをMatic mainnetにつなげてから「METAMASK」をクリック

MetaMaskで接続するウォレットを選択して、接続してください。

接続するとウォレットアドレス内のFlyが表示されます。

続いて送信先のウォレットアドレスを管理しているPlugを接続します。

サイトの「PLUG」をクリック。

Plugで「Allow」をクリック。

Plugが接続したことを確認します。

次に、送信するFlyを選んで、「POLYGON -> IC」をクリック。

MetaMaskが確認を求めてきますのが、ここでガス代を上げておきます。

「サイト提案」をクリックしてガス代を編集しましょう。

Gigaverse Labsが推奨するガス代は「市場」あるいは「積極的」なので、「積極的」を選択して確定してください。

問題なくトランザクションが通ればICPにFlyが到着します。

確認はGigaverse Labsのサイトで可能です。

PlugのNFTにはまだ表示されないようです。

送信は1体ずつ行う必要があるのでたくさん持っている人はめんどうかもれません。

無事に2体のNFTがICPに到着。

次はイーサリアムのFlogですね。

ガス代がかかりそうだけど、エアドロとかいいことありそうなので、期待しつつ待っています。

関連記事

Pocket
LINEで送る

フォローする