SafePalのエアードロップを攻略する方法(WHO)




Pocket
LINEで送る

はじめに

仮想通貨のウォレットであるSafePalがエアードロップキャンペーンやってますね。

詳細はこちらの公式サイトで確認できます。

参加するためのタスクは合計6つ。

最後の6つ目のタスクはジャカルタ在住対象なので、実質5つですね。

やり方はちょっと複雑なので、タスクごとに手順をまとめましたので参考になればと思います。

タスクをコンプリートするにはSFPとBNBの7日間保持する必要があるので3月21日午後5時が参加期限です。お急ぎください。

TKOトークンとホワイトペーパーの詳細についてはこちら

ちなみに、SafePalウォレットをまだスマホにインストールしていない場合は、こちらの記事を参考にしてください。

仮想通貨でDeFiやるなら持っておいた方がいいアプリです。

タスク1:ツイッターでフォローしてリツイート

  • TwitterでTokocryptoとSafePalをフォローする
  • 6桁のコードをコピーする
  • ツイッターリンクををタップして、コメントに6桁のコードをペーストしてツイッターで引用RTする
  • タスクページ最後のclaimをタップで完了

6桁のコードは個人に割り当てられたコードになります。

条件としてはツイッターアカウントは180日以上の運用で、フォロワー10人以上が必要です。

そして以下で説明したタスク4,5のスワップ&ホールドのタスクいずれかを完了すると0.2獲得。

タスク2:Telegramに参加する

  •  「@SFPSam_bot」をタップしてTelegramアプリを開く(あらかじめTelegramのインストールが必要です)
  • / Startをクリックする
  • タスクページのオレンジ色の文字をコピーしてテレグラムに入力する
  • Telegramに3つの@マークが現れるので、それぞれクリックしてjoinをタップ(BINANCETokoCryptoおよびSafePalコミュニティに参加)
  • タスクページ最後のclaimをタップで完了

以下で説明したタスク4,5のスワップ&ホールドのタスクいずれかを完了すると0.2獲得。

タスク3:紹介プログラム

  • I want to inviteの6桁コードをコピーする
  • Invite Freindsをタップしてツイッターを立ち上げて、コピーした6桁コードを貼り付けてツイートする
  • I’m inviteddに招待された人の6桁コードを入力する
  • タスクページ最後のclaimをタップで完了

最後のI’m inviteddに招待された人の6桁コードは他の人のコードが必要なので、もし近くにSafePalを使っている人がいない場合は、以下の私のコードを使ってください。

MQYAM2

タスク4:SFPをスワップ&ホールドする

  • SafePalスワップ機能 を使用して100SFPをスワップし、SafePalウォレット内に7日間保持する。

キャンペーンは3月28日午後3時(ジャカルタ時間)に終了するため、7日間の保持のためには3月21日午後3時(ジャカルタ時間)です。

ジャカルタは日本よりも2時間遅れているので、キャンペーン終了は日本時間で3月28日午後5時、7日間の保持のためには3月21日午後5時が参加期限となります。

タスク5:BNBをスワップ&ホールドする

  • SafePalウォレット内に少なくとも20のSFPを保持する。
  • SafePalスワップ機能を介して1BNBをスワップし、SafePalウォレット内に7日間保持する。

こちらもキャンペーン終了は日本時間で3月28日午後5時、7日間の保持のためには3月21日午後5時が参加期限となります。

とりあえずこれで完了です。

ちなみに、タスク4と5で、BIDRを使用してSFPまたはBNBとスワップすると、1.5共有にアップグレードされますが、インドネシアのユーザーのみ対応になっているのでスルーで構いません。

最後に

参加者が受け取る報酬トークンは、参加者の数と、参加者が完了したタスクの数に基づいて計算されます。

計算式は次のとおり。

各参加者のSFP報酬= [(2,000,000TKO + $100,000USD相当のSFP)/完了したタスクの総数] *各参加者が完了したタスクの数

報酬トークンは3月31日に資格のある参加者のアカウントに付与されるみたいですね。

関連記事

オススメ記事

オススメ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする