ヒロセ通商のLION FXでスワップポイント投資をはじめました!




Pocket
LINEで送る

はじめに

先日のブログ記事の宣言通り、FXでスワップポイントを狙う投資をはじめました。

紀州釣り師の運用資産を公開!これから投資先を広げます!
これまでずっと、インデックス投資を中心にコツコツと資産運用を行ってきましたが、 これからは投資の幅を広げようと思います。 この...

口座はFX専門で有名なヒロセ通商のLION FX で開設です。

なぜインデックス投資家がスワップポイントを狙うのか?

インデックス投資家は、2018年8月のトルコショックのような

短期の暴落に精神的に耐えられるのが強みです。

実際、トルコショック直前に購入したトルコリラは一気にマイナスになりましたが、

売らずに持ち続けることで、持ち直してきています。

リーマンショックの時は総資産は、確か半分程度まで落ち込みましたが、

売ることなく、逆に買い続けることで、今ではかなりの含み益が出ています。

この強みを他の投資にも生かせないか?と考えて、

やってみようと思ったのが高金利通貨のスワップポイントへの投資です。

インデックス投資に関する説明はこちらでまとめています。

釣り人の資産運用はインデックスで分散投資というのが最適解
このブログをご覧になっている方で旧ブログも知っている方はご存知と思いますが、 資産運用としてインデックス投資、長期分散投資をず...

なぜこのタイミングでスワップポイントなのか?

スワップポイントは2国間の金利差で決まるので、

日本の低金利状態のメリットを享受できます。

ここ最近のニュースではまだまだ日銀は利上げに動きそうにないですが、

将来的には金利を上げて行くはず。

そうなると、2国間の金利差は縮まり、

今よりもスワップポイントで稼げないことが予想されます。

低金利状態を利用したスワップポイントへの投資をやるなら、

やれるときに早くやったほうがいい。

すでに乗り遅れた感はありありですが、

過去を悔やんでもしかたありません。

今からどう行動するかで投資の成績は決まります。

スワップポイントは、2つの通貨を交換するときに生じる金利差調整分のことをいいます。

一般的に低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買った場合、その金利差分をスワップポイントとして受け取ることができます。 

スワップポイントは建玉を保有し続けると原則毎日受け取る(支払う場合もあります)ことができます。

引用元:ジャパンネット銀行

LIONE FXの口座開設

スワップポイント狙いで新しく口座を開設したのは、ヒロセ通商のLION FX

私がメインで使用しているマネックス証券のFX PLUSでも目劣りしないんですが、

FX専業の会社で口座を開設したいという思いが前提にありました。

また、スワップポイントはその時、その時で有利な会社が入れ替わるようなので、

複数の口座を保有して、資産を分散しておくことも重要になってきます。

このヒロセ通商、実はFX専業の会社を探すまで知りませんでした。

より高いスワップポイントを設定している会社を探しているなかで

初めて目にした名前です。

ヒロセ通商はジャスダック上場企業なんですね。

ちまたでは、株主優待で恩恵を受けている人も多いようです。

公式ラインアカウントは、ライオンキャラクターがガォ!ガォ!って吠えていて、

ユニーク路線で親しみありです。

少し前まではトルコリラのスワップポイントはヒロセ通商が有利なようでしたが、

最近は必ずしもそうではないようです。

一方、トルコリラと同じ高金利銘柄のオーストラリアドルのスワップポイントは、

ヒロセ通商がトップになっていますね。

口座開設の申し込みから、実際に使えるようになるまでのスピードはメチャ早かったです。

口座申し込みをしたのが、先週の木曜日。

その日にネットで本人確認書類を送付(免許証とマイナンバー通知書)。

土曜日にはIDとパスワードを含む書類が送付されてきました。

書類が届いているのに気づいたのが土曜日だったので、

もしかしたら金曜日に届いていたかもしれません。

IDとパスワードを使っての口座へのアクセスもスムーズでした。

Appleの場合、専用ソフト「LION FX」をインストールしてアクセスします。

入金も簡単。

クイック入金可能な銀行は約380行。

私が利用している「楽天銀行」や「三井住友銀行」からの入金は、

スムーズに完了しましたよ。

トルコリラを5lot購入

口座開設が終了して、入金した後にさっそくトルコリラを買い付けましたよ。

  • 買い付け数量:5lot(5,000トルコリラ)
  • レバレッジ:1.08

肝心のスワップポイントは、11月27日は12.3円。

1ヶ月だと、12.3 x 30 = 369円

1年だと、12.3 x 365 = 4489.5円

この日のマネックスのスワップポイントは12.1円なので、ヒロセ通商が少し勝っています。

また、レバレッジは1.08なので、もう少し上げてリスクを取ってもいいかなと。

まとめ

トルコリラの下落に関しては、

2018年8月のショックから持ち直してきていますし、

長期的な保有を想定しているので、あまり気にしていません。

スワップポイントへの投資はどうなるか?

今後、ブログで報告していきたいと思います!

今も、将来も、ずっと釣り三昧の人生を送るために、
 
投資で人生を自由に!

>>FXを始めるなら【ヒロセ通商】

友だち追加

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

フォローする