夏至を過ぎても日の入りはまだ少し遅くなる件


淡路島の日の出

6月21日は夏至でした。一年で一番昼の時間が長い日です。

こちらのサイトで調べてみると、

淡路島の洲本の日の出は4時46分27秒、日の入りは19時17分52秒。

確かに最近の釣りでは4時半頃から既に明るいので、5時には準備完了して釣りを開始しています。

また、釣りを終了する時刻も気づけば19時をまわっているので、合計14時間は釣りをしていることになり、冬の昼が短い時期に比べて疲労が溜まるはずです。

日の出の最も早い日や、日の入りが最も遅い日は夏至とは少しずれているのを聞いて、実際に調べてみました。

洲本の日の出が最も早い日は6月12日と13日で4時45分31秒、

日の入りが最も遅い日は6月28日と29日で19時18分41秒。

夏至が過ぎても日の入りはまだ少し遅くなるんですね。

チヌ釣りの情報 → チヌ・黒鯛釣りランキング

紀州釣りの情報 → 紀州釣りランキング


スポンサーリンク

フォローする