【淡路島】次回釣行のために大雨の降水量をチェック!


先週は大雨で色々なところで被害が出ていますね。

被害にあった方や地域の一日でも早い復旧を心より願います。

災害の後は被害にあった方々に迷惑にならない範囲で普段の生活をして、経済をまわすことが被害にあっていない者の役割だと思います。

幸いにして私が住んでいる場所と勤務地には実害はなく普段の生活を取り戻しています。

雨がキツくなった金曜日は通勤に使っている電車がいつ止まるかドキドキしながら仕事をして、早めに切り上げて帰宅することができました。

週末はもちろん釣りには行かずに自宅待機。

次回の釣行のために淡路島の降水量をチェックしました。

気象庁のデータによると洲本の降水量は以下の通りです。

  • 7月5日(木):112.5mm
  • 7月6日(金):134.5mm
  • 7月7日(土):150.5mm

前年の7月1ヶ月の降水量108.0mmをすでに超えている計算になりますね。

最近の釣行記事にも書きましたが、大雨の後の釣り場所の選択には注意が必要です。

特に水潮となっている場合は釣果に直接影響するので大雨の後の釣り場所には難しいですよね。

水潮とは大雨などで真水が大量に海に流れ込み、塩分濃度が低くなった海をのこと。

ちなみに、直近の釣行前日にも雨が降りました。その時の降雨量は以下の通り。

  • 2018年6月29日:131.5mm

釣果はというと、

  • 2018年6月30日(大潮)
  • チヌ:38、30センチ、小チヌ13匹
  • キビレ:チビレ1匹
【淡路島】風が強くて雨がたくさん降った後の紀州釣りは数釣りを楽しんできました
はじめに 30日(土)に淡路島で団子を投げてきました。 前日からの悪天候でチヌが釣れるか心配で、サイズを無理に狙わずに「チヌを釣...

この時は雨の影響が少ない港で数釣りができました。

今回の雨はこの時以上の雨が降ったことになるので、過去にもっとひどい雨の後に釣りをした経験がないかブログを振り返ってみました。

すると、今回の大雨の降雨量に近い雨が降った直後にチヌが釣れた経験がありました。

その時の降雨量は、

  • 2015年7月17日:319.0mm。

この大雨で高速道路も通行止になって現地到着までかなりの時間を要した記憶があります。

釣果はというと、

  • 2015年7月18日(中潮)
  • チヌ:45センチ、小チヌ2匹
  • キビレ:44センチ、チビレ2匹

まっちゃっちゃの海からチヌが釣れた記憶はよく覚えています。

今回の雨は100mmを超える雨が3日続いたのに対して、7月18日の雨は1日で300mm強の雨なので状況が異なりますが参考になると思っています。

ただ、残念ながらこの場所は最近チヌが以前ほど釣れなくなっているんですよねぇ。

思いつく原因はいくつもあるんですけどね。

個人では可決できない問題です。

雨の影響が少ない場所がわかってもチヌがいないと竿を出しても意味がありません。

さて、次の釣行でどこで竿を出すか。

週末までの悩みとなっています。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 

LINEの登録はこちら(個別トークが可能です)

淡路島を愛する紀州釣り師(アールグレイ)

Facebookページの登録はこちら

淡路島を愛する紀州釣り師

ツイッターの登録はこちら

アールグレイ@淡路島紀州釣り

インスタグラムの登録はこちら

earlgrey_awajishima

淡路島のドローン空撮をアップしているYouTubeチャンネルはこちら

アールグレイ

紀州釣り師がコツコツ投資をしている理由はこちらの記事で紹介しています。

釣り人の資産運用はインデックスで分散投資というのが最適解
このブログをご覧になっている方で旧ブログも知っている方はご存知と思いますが、資産運用としてインデックス投資、長期分散投資をずっ...

スポンサーリンク

フォローする