勝ち負けを争う場所から身を引く勇気




Pocket
LINEで送る

自分が自分であろうとするとき、

競争は必ず邪魔をします。

人間関係の軸に「競争」があると、

人は対人関係の悩みから逃れられず、

不幸から逃れることができません。

なぜなら、競争の先には、

勝者と敗者がいるだけだから。

競争や勝ち負けを意識すると、

必然的に生まれてくるのが劣等感です。

劣等感の延長線上で他者はライバルになり、

いつの間にか他者全般を「敵」だとみなすようになるのです。

他者は、隙あらば攻撃し、陥れようとしてくる油断ならない敵、

世界は恐ろしい場所だとみなすようになるのです。

たとえ、敗者にならずとも、

競争の中に身を置いている人は心の休まる暇がない。

しかし、ひとたび競争の図式から解放されれば、

誰かに勝つ必要がなくなり、

「負けるかもしれない」という恐怖からも解放されます。

他者の幸せを心から祝福できるようになるし、

その人が困難に陥ったとき、

いつでも援助しようと思えるでしょう。

その他者はあなたにとって仲間というべき存在になります。

「人々はわたしの仲間なのだ」と実感できていれば、

世界の見方はまったく違ったものになります。

勝ち負けを争う場所から身を引く勇気が

あなたの世界を変えてくれます。

嫌われる勇気」より

わたしは競争する釣りはしないことにしました。

釣りを通じて敵を作りたくありませんから。

嫌われる勇気・幸せになる勇気「嫌われる勇気」から知る紀州釣りを楽しむためのアドラー心理学
はじめに 岸見一郎さんのアドラー心理学を対話形式で紹介した本「嫌われる勇気」に出会ったのは今年の1月。 その後すぐに出版された続...
Pocket
LINEで送る

フォローする