優越コンプレックスは他者の人生を生き、永遠に不幸を必要とする




Pocket
LINEで送る

強い劣等感をに苦しみながらも、

努力や成長といった健全な手段によって補償する勇気がない。

かといって、「AだからBできない」とういう劣等コンプレックスでも我慢できない。

「できない自分」を受け入れられない。

そうなると、人は、もっと安直な手段によって、補償しよう、と考えます。

あたかも自分が優れているかのように振る舞い、偽りの優越感に浸るのです。

これが優越コンプレックス。

優越コンプレックスの一つ「権威づけ」は、

自分が権力者と懇意であることをことさらアピールすること。

それによって、自分が特別な存在であるかのように見せつける。

根底には強烈な劣等感がある。

権威の力を借りて自らを大きく見せている人は、

結局他者の価値観に生き、

他者の人生を生きている。

また、劣等感そのものを先鋭化させることによって、

特異的な優越感に至る不幸自慢も優越コンプレックスの現れ。

不幸自慢とは、生い立ちや、自らに降りかかった不幸を、

まるで自慢話する可能ように語ること。

不幸であることによって「特別」であろうとして、

不幸である一点において、人の上に立とうとします。

自らの不幸を武器に、相手を支配しようとする。

自らの不幸を「特別」であるための武器として使っているかぎり、

その人は永遠に不幸を必要とすることになります。

嫌われる勇気」より

Pocket
LINEで送る

フォローする