「Gem」でNFTをまとめ買いして手間とガス代を節約する方法(CNPを3体まとめ買いした実例)




Pocket
LINEで送る

複数のNFTを買う時にまとめ買いしたいと思いませんか?

OpenSeaではまとめ買いできなくて、1体ずつ購入する手間がかかって困りますよね。

「Gem」だと簡単にNFTをまとめ買いできますよ。

GemはNFTアグリゲーターと言われ、ガス代を節約しながら、1回の取引で複数のNFTを購入できます。

OpenSeaだとNFTのまとめ買いはできなくて、NFTを1つずつ購入する手続きが必要で面倒なんですよね。

GemならAmazonや楽天市場といったネットショッピング感覚で買いたいNFTをカートに入れて、後でまとめて購入することができます。

この記事ではGemでNFTをまとめ買いする流れをまとめました。

実際にCNPを3体購入した際の流れを画像付きで紹介したので、これからGemでNFTをまとめ買いする人の参考になればと思います。

なお、NFTを購入するには国内取引所でETHの入手が必要です。

FTX Japanは他の国内取引所にないサービスが充実していますよ。

まだ口座を持っていない場合はこちらの記事が参考になればと思います。

まず、GemでNFTをまとめ買いするにはトップページ内にある「Start now」ボタンをクリックしてください。

続いて右上の「Connect Wallet」をクリックしてウォレットを接続します。

接続するウォレットで「MetaMask」を選択。

メタマスクが確認を求めてくるので「次へ」をクリック。

続いて「接続」をクリック。

これでウォレットの接続が完了です。

次にGemでまとめ買いしたいNFTを見つけましょう。

今回は実際に私がまとめ買いしたCryptoninja Partners(CNP)の3体の例を示しますね。

Cryptoninja PartnersをGemで表示するには、「Cryptoninja Partners」と検索窓に入れると公式マークがついたものが出てくるので選択してください。

注意する点として、検索結果には公式以外の偽物も表示されてしまうこと。

本物には青色のチェックマークがついているので間違わないようにしてくださいね。

もし検索からアクセスするのが不安な場合、CNPをすでに自分で持っていれば自分のNFT経由でアクセスした方が無難です。

Gemで自分が持っているNFTを表示するにはメニューの「Portfolio」を選択します。

表示されるコレクションから「Cryptoninja Partners」をクリックすればコレクションへ直接行くことができます。

CNPのサイトが開いたら、欲しいNFTを選びましょう。

この時はOpenSeaであらかじめ見つけておいた#19860のLeelee-kabuki01が欲しかったので、追加で検索窓から検索しました。

購入したいNFTに辿り着いたので「Add to Cart」をクリックします。

右側の方にMy Cartに追加されたことが確認できます。

ネットショッピング感覚ですね。

続いて、同様の操作を行なって、あと2体のNFTをカートに入れました。

まとめ買いするNFTが全てカートに入ったら「Buy Now」をクリックします。

メタマスクが確認を求めてくるので「確認」をクリック。

トランザクションが通るとまとめ買いが完了です。

簡単ですね。

しばらくするとOpenSeaの自分のコレクションにもちゃんと表示されるようになりました。

Gemを使えば、NFTをネットショッピング感覚でまとめ買いすることができて便利ですね。

ちなみに、GemのSell機能を使えば自分のNFTをまとめて売却することも可能です。

Marimoを3体試しにリストしてみたのがこちら。

(実際には売却はしていません)

また、Send機能を使えば他のウォレットアドレスにまとめて複数のNFTを送付することも可能です。

購入用のウォレットアドレスと保管用のウォレットアドレスを分けているときに便利な機能ですね。

この記事ではGemを使ってNFTをまとめて購入する手順を紹介しました。

まとめて売却する機能や、まとめて他のウォレットアドレスに送付する機能もあるので、まとめてNFTを操作する際は「Gem」を使ってみてくださいね。

関連記事

おすすめ記事

Pocket
LINEで送る

フォローする