【読書メモ】赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド(清水 悦子)




Pocket
LINEで送る

娘が生後1ヶ月半を過ぎました。

週末はお嫁さんの里帰り先で可愛い娘の顔を見る楽しみと、

少しの不安を抱きながら、

試行錯誤の育児をしております。

最近は、お嫁さんが桶谷式の相談室へ通い始めたこともあり、

母乳が出にくいという不安は解消されてきました。

【哺乳瓶】「母乳実感」から「母乳相談室」に変更したら母乳をゴクゴク飲むようになりました!
はじめに 赤ちゃんはミルク派ですか?母乳派ですか? 妻は赤ちゃんを母乳で育てたい派。 ただ、母乳がなかなか出なくて、悩んでいま...

また、ミルクから母乳メインに変えた頃から、

ウンチの頻度が少なくなり、毎日出ていたのが、

3日や5日も出ない日が続いたりしています。

お嫁さんからの連絡で5日ぶりに出た!と報告を聞いて

とりあえずは、ホッとしました。

量が半端なく多かったみたいですが。。。

一方で、娘の夜泣きは続いており、寝つきはよくないようです。

お嫁さんも寝不足が続いております。

で、お嫁さんが赤ちゃんの睡眠に関する本を購入したので、

私もKindleで読み進めました。

購入したのは、「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」。

この本によると、生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜の区別がなく、

数時間ごとに寝たり、起きたりを繰り返すのが当たり前なんですね。

赤ちゃんの体内時計は、生後1カ月くらいから動き始めて、

生後6カ月には安定した睡眠リズムが作られるそうです。

ただ、体内時計がずれると、夜泣きの原因になるようです。

娘もそろそろ体内時計が働き始めている時期。

まずは睡眠のサイクルを整えて、

夜泣きの原因になる要素を改善したいと思いました。

ポイントは3つ。

  • 7時までに起こす。
  • 昼寝「朝寝」「昼寝」「夕寝」の時間を把握して、活動的に過ごす。
  • 夜8時までに寝かせる。

これまで、朝は娘が起きるまで寝かしておいて、

夜もあまり意識せずに寝かせつけていました。

睡眠サイクルが重要と知ってからは、気をつけるようにしていて、

お嫁さんから報告によると、早く寝かしつけることもできているようです。

また、夜に泣くと、明るい室内であやしてたんですが、

夜は暗くすることが重要なんですね。

朝はカーテンを開けて、しっかり明るくするように心がけています。

ちなみに、娘の生後2ヶ月の安眠スケジュールは、このように紹介されています。

この他に5歳までの安眠スケジュールが月齢ごとに掲載されているので、

娘の成長とともに、参考にしていきたいと思います。

あと、この本で初めて知ったのが「寝言泣き」とう言葉。

赤ちゃんは言葉が話せないので、赤ちゃんの寝言は泣き声なんですね。

娘が寝ているところを観察していると、

急に鳴き声を出すんですが、

しばらくするとおさまるんですよね。

これが「寝言泣き」みたいです。

寝言泣きは寝言なので、あやしたりしたら逆効果。

「寝言泣き」を知らないうちは、直ぐにあやしたりして

逆に起こしてしまっていたことを今更ながらに反省しています。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」は、

たくさんの有名人も推せんしていて、

この時期に読んでよかったと思う育児本です。

Pocket
LINEで送る

フォローする