【米国株】楽天証券は米国株の最低取引手数料を0.01ドルに引き下げた!マネックス証券のわずか1日後に追い越す




Pocket
LINEで送る

楽天証券が米国株式の最低取引手数料を5米ドルから0.01米ドルに引き下げましたね。

国内最安です。

1日前にマネックス証券が発表していた米国株式の最低取引手数料0.1米ドルよりも10分の1になりました。

楽天証券 プレスリリース
2019/07/05 【米国株式】最低取引手数料を業界最低水準の「0.01米ドル(税抜き)」に引き下げます

最低取引手数料と取引手数料の関係についてわかりにくいですが、

簡単にいうと、1,111米ドル以下の売買手数料で楽天証券が最安値ということです。

詳しくはこちらで紹介しています。

【米国株】マネックス証券が米国株の最低取引手数料を0.1ドルに引き下げました!
マネックス証券が米国株の手数料を大幅に下げてきました。 投資家にとって、コスト面で久しぶりにいいニュースです。 マネックス...

例えば、ナスダックに上場している「グルーポン」の株価3.58米ドルで考えてみました。

取引手数料は、

3.58×0.45%=0.016米ドル

となります。

この額は最低取引手数料0.01米ドルより高いので

楽天証券では、0.016米ドルが適用されます。

一方のマネックス証券だと、最低取引手数料0.1米ドルよりも低くなるので、

手数料は0.1米ドルが適用されることになります。

手数料が購入価格に対して低いほど、

損益分岐点が下がるので、

出来るだけ手数料は低く抑えたいのが

投資家というものです。

ここにきて証券会社がいいニュース出してきているのは、

年金2000万円不足問題の騒ぎがあったからでしょうねぇ。

投資への関心が高まっているのは確かなはずですからね。

外国株式に関しては、本格的に投資してきませんでしたが、

投資環境が整ってきたので検討を始めたいと思います。

3大証券で動きがないのはSBI証券さんですね。

今後の動きが楽しみです。

楽天証券で口座開設をする】

関連記事

【米国株】マネックス証券が米国株の最低取引手数料を0.1ドルに引き下げました!
マネックス証券が米国株の手数料を大幅に下げてきました。 投資家にとって、コスト面で久しぶりにいいニュースです。 マネックス...
Pocket
LINEで送る

フォローする