ドローンをレンタルして空撮を楽しもう!釣り場所の空撮は楽しいですよ。




Pocket
LINEで送る

はじめに

私は淡路島へ釣りによく行くんですが、その隙間時間で実はドローンを使った空撮を楽しんでいます。

最近の性能がいいDIJの「Phantome」などのドローンは、整備をちゃんとしていれば,

初心者でも少し練習すれば空撮を楽しめます。

でも、ドローンを始めたいけど高価で手が出せないってことありませんか?

初心者でも安定して操作して、空撮できるドローンて、数万円から10万円くらいします。

より安定して綺麗な空撮をしようとすると、20万円くらいするドローンを準備しないといけません。

高価なドローンをいきなり揃えるのはハードルが高いですよね。

そんな時にオススメするのがドローンの「レンタル」です。

初心者がいざドローンをレンタルしようとすると、

どんなドローンを選べばいいのかわからず、

レンタル業者もたくさんあって迷うと思います。

そこで、ドローン初心者がはじめにレンタルして空撮を楽しむためのドローンとレンタル業者をまとめました。

結論から言うと、

借りるドローンは、「Phantom 4Pro +」「Mavic 2 Pro」がオススメ。

レンタル業者は、Rentio(レンティオ)が安心して借りられます。

関連記事

淡路島の釣りに役立つドローン空撮
淡路島のドローン空撮をまとめたページです。空撮した場所を随時追加していこうと思います。動画データがトラブルで消失している場合は...

ドローンで空撮する時の注意事項

まずドローンをレンタルしたり、購入したりする前に気をつけないといけないのが、ドローンを飛ばす時のルールです。

ドローンを飛ばすには、法律に従って飛ばす必要があるので、初心者の方は基本的なルールから把握しておきましょう。

関連記事

瀬戸内海国立公園 淡路島淡路島のドローン空撮で注意するべき区域を調査しました(暫定版)
はじめに 淡路島でドローンを飛ばすにあたり、 法律に抵触しないように注意を払っているつもりですが、 まだまだ勉強不足なところが...

ドローンがレンタルできる業者

ドローンがレンタルできる業者をピックアップしました。

この中でも借りれるドローンの種類が多いのが「Rentio」「ドローンレンタルネット」です。

「ReReレンタル」、「rentry」、「DMMいろいろレンタル」は

ドローンに力を入れていいなのか、

数が少なかったり、旧タイプのドローンしか借りれないようです。

ドローンをレンタルするなら、「Rentio」と「ドローンレンタルネット」が選択肢となります。

レンタルできるオススメのドローン

次にレンタルする場合、どのようなドローンを借りればいいのか?が問題になります。

初心者がドローンを選択するときに優先すべきは「安定して飛ばすことができる」ドローンです。

操縦しにくくて、安定しないドローンを借りてしまうと

落下させて、使えなくなったという最悪の事態になりかねません。

なので、初心者でも「安定して飛ばすことができる」ドローンをレンタルすることになります。

現時点で初心者が安定して飛ばせるオススメのドローンは、

DJIの「Phantom 4」シリーズの2機種あるいは「Mavic」シリーズの3機種です。

この中でも、シリーズそれぞれの上位機種「DJI Phantom 4pro +」「DJI Mavic 2 Pro 」がオススメです。

この2つのドローンの違いをまとめたのが下の表です。

「DJI Phantom 4pro +」と「DJI Mavic 2 Pro 」は機能的には大きな差はないですが、

重さと収納時の容積に大きな違いがあります。

機種 Phantom 4pro + Mavic 2 Pro
対角寸法 350 mm 354 mm
重量 1375 g 907 g
最大飛行時間 約30分
※無風、20 km/hの一定速度で飛行時
約31分
※無風、25 km/hの一定速度で飛行時
最大速度

72 km/h (Sモード)

50 km/h (Pモード)

 72 km/h (S-モード)
センサー

1インチCMOS

2,000万画素

1インチCMOS

2,000万画素

静止画サイズ 3:2(5472×3648)
4:3(4864×3648)
16:9(5472×3078)
5472 × 3648
最大ビデオビットレート 100 Mbps 100Mbps
最大動画解像度 4K @60 fps 4K: 3840×2160 24/25/30p
2.7K: 2688×1512 24/25/30/48/50/60p
FHD: 1920×1080 24/25/30/48/50/60/120p
認識システム 障害物センサー:5方向
前方&後方 障害物回避
左方&右方 赤外線障害物回避
下方障害物認識
障害物センサー:6方向
前方障害物検知
後方障害物検知
上方高度範囲
下方高度範囲

「DJI Phantom 4pro +」は「DJI Mavic 2 Pro 」よりも重量が重く、風が強い日は期待が安定します。

一方、「DJI Mavic 2 Pro」はプロペラが折りたたむとができるので「DJI Phantom 4pro +」よりも、収納時の大きさはかなり小さくなります。

私が持っている同シリーズの「Mavic air」と「Phantom 4 Pro」の収納時の大きさを比較した写真をこちらで掲載しています。

【空撮】コンパクトサイズのDJI Mavic air(マビック・エアー)が釣行の仲間入りです!
はじめに ドローンを追加で1台購入しました。 理由は持ち運びにコンパクトなドローンが欲しかったから。 購入したのはDJIのMavic a...

「DJI Phantom 4pro +」は、機体が比較的大きくて、

飛行が安定していて、バッテリーの持続も長いです。

一方で、大きいので持ち運び時にかさばるのがデメリット。

「DJI Mavic 2 Pro 」は、「DJI Phantom 4pro +」よりも機体は小さく、

コンパクトに収容できるため、車を使わないような旅行でも携行しやすいのがメリットです。

一方で、機体が軽い分、風にあおられやすい弱点があります。

車などで大きな荷物を運べる時は「DJI Phantom 4pro +」、

それ以外の場合は「DJI Mavic 2 Pro」になります。

レンタル費用を比較

「Rentio」と「ドローンレンタルネット」でレンタル費用の比較をしたのが下の表です。

最低レンタル日数は「ドローンレンタルネット」が1日から借りれるのが特徴ですね。

ただ、旅行先で空撮をしようとすると、1日だけでは難しいです。

土日を利用した旅行だと、金曜日に受け取って、月曜日まで借りるというのが現実的なので、

3泊4日の料金で比較しました。

<Phantom 4pro +>

機種 最低レンタル日数 3泊4日の料金
Rentio 3泊4日 28,800円
ドローンレンタルネット 1日 27,200円

<Mavic 2 Pro>

機種 最低レンタル日数 3泊4日の料金
Rentio 3泊4日 24,800円
ドローンレンタルネット 1日 26,800円

万が一の「補償制度」比較

上に示したように、「ドローンレンタルネット」の方が「Rentio」より安く借りれることになるのですが、

ここで気を付けたいのが、もしもの場合の保証です。

紹介している「Phantome 4Pro +」や「Mavic 2 Pro」は通常使用していれば、

ほとんど落下などにって壊れることがないのですが、

万が一のことはあると想定して借りると、安心して空撮を楽しむことがでます。

「Rentio」と「ドローンレンタルネット」でレンタル費用の比較をしたのが下の表です。

「Rentio」は負担は最大2,000円です。

一方の「ドローンレンタルネット」は機種によって異なりますが、2万円以上の負担となります。

業者 自然故障 水濡れ・落下 加入料金
Rentio 無料 最大2,000円 0円

ドローン

レンタルネット

無料

Phantom4 シリーズ:25,000円

Mavic Pro:23,000円

0円

保証のコストを含めて考えると、

「Rentio」がドローンのレンタルに適していることがわかります。

なお、紛失・盗難については、「Rentio」と「ドローンレンタル」ともに

製品の販売金額の100%を上限とする金額となっています。

これはドローン以外のレンタルでも同じですね。

ちなみに、海外旅行の紛失・盗難はクレジットーカードなどに付帯している保証でほとんどを清算できます。

まとめ

空撮はやり始める時は不安なことがありますが、

実際に飛ばしてみると、想像以上に楽しい遊びです。

レンタルで安く借りて、ドローンの空撮をまず始めてみてください。

借りるドローンは、「Phantom 4Pro +」「Mavic 2 Pro」がオススメ。

レンタル業者は、Rentio(レンティオ)が安心して借りられます。

レンタルで気に入ったドローンの購入は公式ストアで。

DJI認定ストア

関連記事

【360度カメラ】Theta Vの格安レンタルショップの徹底比較|Theta Vを安く使うならレンタルで!
はじめに 360度カメラ(全天球カメラ)の「THETA V」は非常に面白いカメラなんですが、 価格が4万円以上するので、たまに使用する程度...
「THETA V」(リコー)は釣りに役立つ360度カメラだ!
はじめに 360度カメラTHETA Vを購入して、 実際に色々と使ってみると その楽しさにどっぷりはまってしまいました。 そして、これは...
Pocket
LINEで送る

フォローする