【読書メモ】影響力の武器 実践編(ゴミのポイ捨て問題に関して)


少し前に読んだ「影響力の武器」の続編である実践編についての読書メモです。

「影響力の武器」は返報性や社会的証明といった人を動かしている原理について色々と参考になる書籍です。

以前にこちらの記事で釣りのと関連性を考えてみました。

とびきりの釣り情報を「返報性のルール」を使って入手することは可能か?
最近、とある分野で交渉術が1つのスキルになるということを聞いて、交渉術に関する書籍を興味深く読んでいます。 交渉術は釣りに全く...
「社会的証明の原理」を知ると隣の釣り人に影響されず爆釣を楽しめる?
以前の記事で紹介した影響力の武器という書籍。人の行動を理解する上で色々と参考になります。   関連記事 前回紹介した「返報...

今読んでいる実践編では特にブログを書く上で注意すべき内容があったので記載しておこうと思います。

それは社会的証明と釣り場のポイ捨て問題に関すること。

まず、社会的証明の原理とは“人は他の人たちが何を正しいと考えているかを基準にして物事を判断する”というものです。

そして、注意する必要があるなと思ったのは、「よくポイ捨ては禁止!」という宣伝や広告がありますが、この行為自体が逆にポイ捨てが日常的に行われていることを示してしまい、ポイ捨てに社会的証明を与えてしまうという危険性があるということです。

実践編ではこのように表現されています。

ポイ捨てが絶対に許されないと伝えること自体には問題ありませんが、それが日常茶飯事なのだと示してしまうと、ポイ捨てに強力な社会的証明を与えてしまうことになります。

ポイ捨をしないことを目的としているなら、「よくポイ捨ては禁止!」と書いたり、拾い集めたゴミの山を見せるのではなく、ゴミが無い綺麗な景色を示すことの方が好ましいようです。

実際、綺麗な観光地は一見何も対策していないように見えて、それでいてすごく綺麗なんですよね。

陰ながらゴミを拾っている作業員の方がいるのだと思うのですが、1日を通してゴミをせっせと拾っている風景はあまり見ないんですよ。

ということはポイ捨てすること自体がほとんどない状況だと思います。

街にゴミが落ちていなければゴミを捨てようとしないし、「ゴミを捨てないで」っていう看板すらない。

ポイ捨てをしないということに社会的証明を与えれば好循環になって、ゴミが減るんでしょうね。

たまにコンビニや高速道路路のサービスエリアのトイレで「綺麗に使ってくれてありがとう」という文句を見ることがあります。

あれは汚いトイレの使い方に対して社会的証明を与えないことを意味しているんだと思います。

みんな綺麗に使ってますよ!って。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。下のバナーをポッとしていただけると嬉しいです!

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 

直近の釣行記事はこちら

淡路島のチヌ【淡路島】梅雨爆前夜か?2週間ぶりの淡路島は着実に季節が進んでいました
はじめに 天気予報によると確か土日が雨予報だったので金曜日に有休をとって、雨の前の淡路島で釣りを楽しもうと企んでいました。 が...

Facebookページの登録はこちら

淡路島を愛する紀州釣り師

ツイッターの登録はこちら

アールグレイ@淡路島紀州釣り

インスタグラムの登録はこちら

earlgrey_awajishima

淡路島のドローン空撮をアップしているYouTubeチャンネルはこちら

アールグレイ

紀州釣り師がコツコツ投資をしている理由はこちらの記事で紹介しています。

釣り人の資産運用はインデックスで分散投資というのが最適解
このブログをご覧になっている方で旧ブログも知っている方はご存知と思いますが、資産運用としてインデックス投資、長期分散投資をずっ...

スポンサーリンク

フォローする