定点観測:いかりスーパーの鮮魚コーナー(2016.12.23)


いかりスーパーの鮮魚コーナーで淡路島の魚を確認する定点観測シリーズです。

今回は 少し前の23日の訪問で、天然の鯛の切り身と刺身がありました。

ikari-supermarket-oji-20161223-1 ikari-supermarket-oji-20161223-2

ラベルには本鯛とあったので真鯛のことだと思います。真鯛は他のタイ科の魚と区別してホンダイ(本だい)と呼ぶこともあるそうです。

真鯛の天然と養殖を見分ける方法は以下の3つがあるようです。

1つめは体の色。天然は綺麗なピンク色に対し、養殖は日焼けで黒っぽくなっているようです。

2つめは尾ヒレの形。天然は尖っているのに対し、養殖は生簀の中で擦れて傷つくため丸くなっているようです。

3つめは鼻の穴の数。天然は鼻孔が前後に2つ開いているのに対し、養殖は本来2つあるはずの鼻孔が繋がって1つになっているものが多いそうです。

釣った魚が天然ものか、筏から逃げ出したものか見分ける時に役立ちそうです。ただ、スーパーで切り身になっている場合はラベルを信じるしかないですけどね。

このブログはランキングに登録しております。ご訪問の記念に下のバナーをポチッと押していただければ嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 

ポチ↑ ポチ↑ ポチ↑

チヌ釣り、紀州釣りのブログ情報はこちらからどうぞ。参考にさせていただいております。

釣りブログ チヌ・黒鯛釣り


スポンサーリンク

フォローする