淡路島のドローン空撮で注意するべき区域を調査しました(暫定版)


はじめに

淡路島でドローンを飛ばすにあたり、法律に抵触しないように注意を払っているつもりですが、まだまだ勉強不足なところがあります。

淡路島でドローンを飛ばすにあたり、色々調べたり、公共機関に問い合わせたりして確認できた情報をまとめて行こうと思います。

ドローンの飛行ルール

ドローンを飛ばす時、まずはじめに確認すべきなのがこちらの国土交通省のサイトです。ここに載っているルールを守ることを前提に以下の場所でのドローンの飛行の可否について調べてみました。

淡路島の港

兵庫県の港について問い合わせたとろころ、淡路島がある兵庫県の兵庫県港湾施設管理条例上で規制している場合はないようです(2017年9月末現在確認)。

瀬戸内海国立公園

環境省に確認したところ、国立公園内でドローンを使用する際には特段の申請は不要のようです。

瀬戸内海国立公園 淡路島

瀬戸内海国立公園 淡路島

出典:環境省 瀬戸内海国立公園ホームページ

淡路島国営明石海峡公園

持ち込み禁止にドローンが指定されていますね。

兵庫県立淡路島公園

ここも持ち込み禁止にドローンが記載されています。ただ、「※原則は禁止としますが、詳しくは各公園へご確認ください。」と記載されています。

淡路佐野運動公園

兵庫県立淡路島公園と同じ表記になっています。「※原則は禁止としますが、詳しくは各公園へご確認ください。」と記載されているのも同じですね。

ただ、佐野新島の北東部分は敷地外で、島の海側の外周道路は車で入れますので釣り人で混雑していない時は飛行できそうです。

 まとめ

まだまだ調べ切れていないので、追加の情報が判明した場合は更新していきたいと思います。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 


スポンサーリンク

フォローする