淡路島のチヌは黄色かったです


11日土曜日に淡路島へ行ってきました。

2週間ぶりの釣行なので期待していきましたが、結果は厳しかったです。

夜明けから数時間は餌取りもいて期待が膨らんだのですが、日が昇った頃にはエサ丸残り状態で全く気配がなかったです。

明け方に小サバの群れが少し回遊してきて、何匹か元気な小サバが釣れました

そして、その小サバを狙うヒラメの子供が居たようです。

始めはカレイと思いましたが、口がおっきいヒラメでした。

IMG_9003-2

いつしか餌取りの気配がなくなり、我慢の釣りが続く中、なんとか通りすがりのキビレを3匹ゲットできたのが救いとなりました。

ギリギリ30センチ。釣れてくれてありがとう!

IMG_9008

2匹目ゲット。

IMG_9014

3匹目ゲットでこの日のキビレは終了でした。

IMG_9026

夕方はまた小サバがまわってきたかと思ったら、アジも界有してきて釣り場は盛り上がってましたので、私もアジの一本釣りを楽しむことができました。

団子アタリ→本アタリ→ウキが消し込む→アジが釣れる

この繰り返しを14回を楽しんだところで辺りが暗闇に包まれて終了となりました。

IMG_9024

サイズは20センチありましたのでお土産にちょうど良かったです。

来週は燻銀が釣れるといいなぁ。

チヌ釣りの情報 → 釣りブログ チヌ・黒鯛釣り


スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. ねこ より:

    淡路島も小鯖が湧いいてるんですね。

    過日の舞鶴の漁港もそうでした。
    其処では初めて小鯖に会いまして、また環境が少しずつ変わってんかなァと複雑な気分でした。

    相変わらず綺麗なキビレと二年仔のアジ、楽しめましたやん!

    • earlgrey より:

      ねこさんへ
      私のような者でも釣れる魚で環境の変化を実感します。
      チヌが釣れなければ他の魚に遊んでもらって、楽しむことも必要ですね。