【淡路島】強風に向かって団子を投げた結果、燻銀チヌとキビレに遊んでもらえました


はじめに

2週間ぶりに淡路島で団子を投げて来ました。

台風15号の影響で強風予報でだったので平日から釣り場をどこにしようかと悩んでいて、7mを超える強風になると釣りにならないと考え、久しぶりに風に強い漁港を選びました。

ところが現地に行ってみると一番ポイントで数人が既に竿を出して、県外ナンバーで装備が多いので夜が明けても釣りを続けそうな雰囲気でした。

この風に強い漁港、実績のある釣り座が限られているのが欠点です。しばらく考えた末に強風と戦う決意をして実績のある場所へ移動しました。

移動に時間を取られましたが問題なく釣り座を確保でき、明け方から釣り開始です。

淡路島の紀州釣り

天気予報通りだとお昼には風が強くて釣りにならないだろうし、潮の周りからしても午前中が勝負と意識しての釣り開始です。

団子を投げ始めてから2時間はエサ取りのみでチヌの気配なし。積極的にボケも使用しますが反応が出ません。

次第に風が出て来てやりにくくなって行きました。追い風ならいいんですが、風向きはぐるぐる変わっていましたね。風で波も高くなっていたので、波の影響を受けないようにタナはトントンよりもハワセ気味に調整です。

風が時折おさまって釣りやすい状況になるチャンスを見逃さないようにいつも通りのテンポで団子を投げ続けます。

そんな中、高い波に揺れていた寝ウキがスパッと海面に入り、キレのいい引きを楽しませてくれたのは、小チヌというには少し大きめのおチヌ様でした。

淡路島のチヌ

その後にはマイクロキビレをゲット。海の中はしっかり魚が動いている手応えを得ました。

淡路島のキビレ

ここからしばらく反応がなくなり、風と戦う我慢の時間が続きます。

ハワセているとウキで反応が取りにくいので、時折ウキ止めの位置を調整して団子当たりを確認しに行きます。

団子アタリが戻って来たのは10時を過ぎたあたり。

団子アタリを確認した後は波で仕掛けが引っ張られない程度にウキ下を調整です。

この時は風が弱まり波が少し小さくなった時だったので寝ウキにアタリが出たのが明確にわかりました。

本アタリで寝ウキが立って、沈んだのを確認してからビシッと合わせると乗りました。

この時にGoProで撮影していました。動画は載せませんが竿のしなりはこんな感じ。

淡路島の紀州釣り

ギューン、ゴンゴン。

が、スーッと横滑り。残念。ボラです。

少ないチャンスの時間なのでボラを外した後にすぐに再開です。

そして直後にまた団子アタリが出ます。

寝ウキが立って、沈み、ビシッと合わせるとまた乗りました。

ギューン、ゴンゴン。

ゴンゴン、ゴンゴン、ゴンゴン。来た!

今度はチヌの引きと確信。

風で張り詰めたラインがキーンという高音を発します。

力強い引きを楽しませてくれたのはこの燻銀チヌ。

淡路島のチヌ

46センチでした。

淡路島のチヌ

このチャンス時間に31センチのキビレも追加できました。

淡路島のキビレ

チャンス時間が終わるとまた風と波との戦いに。

お昼ごろには予報通りに風が強くなり、風に向かって団子を投げる状況です。つくづく思うのですが天気予報の風向きは現地ではあてになりません。

風に向かって投げるのは技術的には問題ないのですが精神力が試されますよね。

夕方にはきっと時合いが来るはずと信じて集中力を切らさずに団子をポイポイです。

それでも反応がない時間帯が続いたので仕掛けを流しながらボーッとスマホを見ていて、目線を海に戻すとウキがない!

急いで合わせると魚が引いています。勢いよく引いてくれるのですが、明らかにチヌとは違う引きです。

上がって来たのはまずまずのサイズのアイゴ。

処理が面倒なのですぐに海へ戻ってもらいました。

そして、夕方の時合いが来たのは16時台でした。ボラが戻って来きたのが合図になり、30センチを含むキビレ4匹をゲットです。

淡路島のキビレ

淡路島のキビレ

淡路島のキビレ

淡路島のキビレ

17時を過ぎた頃からまた風が強くなり、波も立ってやりにくい状況の中で釣れたのがこのキビレ。これが最後の獲物となりました。

淡路島のキビレ

まとめ

淡路島のチヌ

  • 2017年9月2日(中潮)
  • チヌ:46センチ、小チヌ1匹
  • キビレ:7匹

今回は予想通りのタイミングでチヌを釣り上げることができました。ただ、数が出なかったが残念。夕方もチヌが釣れてくれると言うことなかったんですが。朝と夕方は涼しくなり、秋の釣りになって来ましたね。

(マクロキビレは即リリースしたので集合写真には載っていません)

紀州釣り団子レシピ

エサ取りを集め過ぎないようにアミエビは少なめで開始。途中でなんちゃってフカセ師2人が横に入られたので少しずつ増量して集魚力を調整しました。

関連記事

紀州釣り団子失敗しない!初めての紀州釣り団子の作り方
1. はじめに 紀州釣り(団子釣り)を初めてもうすぐ約5年が経とうとしています。 一時期、週1回は団子を投げていましたが、最近は...

刺しエサ

  • Gクリ2L3L
  • ボケ
  • サナギ

キビレはオキアミにしか反応せず、46センチのチヌはボケが当たりました。

関連記事

小ボケの画像紀州釣りの刺しエサについてのまとめ
はじめに紀州釣りの刺しエサについてまとめてみました。一般的な刺しエサの紹介は他のサイトや雑誌にお任せして、ここでは私の独断と偏...

紀州釣り仕掛け

関連記事

紀州釣りで大切なのはウキを見る力
紀州釣り用のウキの色は使い分けていますか? 私の場合、通常使うウキの色はオレンジで、夕方に蛍光イエローを使用します。 この...
道糸紀州釣りの小道具は小さくて軽めがいい
はじめに 紀州釣りの小道具について、最近使っているものを中心に書いてみました。 紀州釣りに限らず、チヌ釣りは軽い仕掛けなのでそ...

最後まで読んでいただきありがとうございます。

このブログはランキングに参加しています。ご訪問の記念に下のバナーをポチッと押していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ 


スポンサーリンク

フォローする