【淡路島】夏本番の淡路島で紀州釣りを楽しみました


はじめに

30日(土)に淡路島のホーウグラウンドで団子を投げてきました。

先週は数釣りだったので今回はサイズが出ればいいなと思っていたのですが、なかなか簡単にはいきません。

今回も数釣りで終了かもと諦めかけていた終盤に待望の1匹を釣り上げることができ、結果的に満足な釣りとなりました。

関連記事

淡路島の紀州釣り釣果【淡路島】ワイドパワーバッカンの入魂完了
はじめに 2週間ぶりの淡路島で団子を投げてきました。 今回は新調したワイドパワーバッカンのデビュー戦でもあるので、確実に淡路島の...

ホームグラウンド

世間では夏休み入りしたので、釣り場は人が多いかと覚悟していたのですが逆に普段よりも人は少なく拍子抜け。

風は弱く、波も静かな夜明けとともに開始しました。

開始直後からエサが取られ、フグも活性が上がっていて油断していると針が取られていきます。

そんな状況のなか、まずはじめに来てくれたのはこちらのチビレさん。

この後、チビレがポツポツ釣れ続けて9枚。

ここまで刺しエサはずっとオキアミだったので、ボケにしたらどなるかなと思ったらすぐに反応がありました。

やっと会えました小チヌ様って感じです。

ここのチヌは経験的にオキアミが好きなのですが、たまに小ボケでバカ釣れする日があります。

今日は小ボケの日だったみたいで、この経験が最後のドラマにつながることになります。

この後もチビレが釣れ続けて、チビレ12匹、小チヌ2匹で午前の部が終了。

正午から30分ほどランチをとりながら車内で休憩しました。

午後からは小ボケを付けると針がなくなるといった典型的なフグが湧いた状態になったり、全くエサが取られない時間があったりと少し厳しくなりました。

午前中はいなかったボラも出てきて、2回かけてしまったり。

日差しがきつくて頭がボーッとなるなか、団子を投げ続けていると、ようやく手のひらサイズを脱出。

淡路島の紀州釣り釣果-20160730

サイズアップの34センチのおチヌ様がきてくれました。

この後もキビレを数匹追加したところで日が傾き始め、とりあえず集合写真をパシャリ。

淡路島の紀州釣り釣果-20160730

夏のこの場所なら40アップは複数枚という期待があったので諦めきれず、引き続き団子をポイポイ。

サビキ釣りのファミリーも時々豆アジが釣れるくらいで物足りない様子でした。

そんな状況が一変したのが19時前。

サビキにイワシがかかり始め、帰宅しようとしていたファミリーもイワシの群れに大喜び。

同時にこちらのウキにも変化があり、元気な団子アタリが出始めました。

イワシのアタリにしては元気が良すぎ、ボラかもと思っていましたが、海面を見る限りボラの気配なく、なにかが変。

元気な団子アタリの後、団子が割れたら無反応。刺しエサはオキアミ。

このパターンが何回も連続。

ボラなら1匹ぐらい掛かっても良いくらいです。

これってまさかチヌが団子に当たってる?

こんな時に付ける刺しエサは決まっています。

終了間際で残り少ない小ボケ。

サイズも小さかったので2匹を針に掛けて投げると、予想的中。

これまでと同じく元気な団子アタリ。

団子が割れてしばらくすると寝ウキがピーンってたって、スッと海に入りました。

重さも十分。

ゴンゴン叩く引に確信。

椅子に座ってやりとする両足がいつになく踏ん張ってました。

そして上がってきたのがこいつ。

淡路島の紀州釣り釣果-20160730

43センチの燻銀。

淡路島の紀州釣り釣果-20160730

40センチアップの満足な1匹となりました。

今日のチヌは小ボケが好みだったようです。

この後に団子を数回投げましたが団子アタリがなくなり終了となりました。

まとめ

40アップ1匹と30アップ1匹を含む合計19匹の釣果となりました。

  • 釣行日:2016年7月30日(中潮)
  • チヌ:43, 34センチ、小チヌ2匹、チビレ15匹

にほんブログ村テーマ 海釣りへ
海釣り

贅沢を言えば40センチ後半も釣りたかったですが、魚影が少なくなった最近はなかなか難しくなっています。

夏の紀州釣りは楽しいって改めて実感した1日でした。

団子レシピ

  • ヌカ:10カップ
  • 砂:5カップ
  • 細引きさなぎ:1/2袋
  • チヌパワースペシャルMP:1/3袋
  • 押し麦:1/2袋
  • アミエビ:1/2袋
  • 海水:適量

刺しエサ

  • Gクリル2L3L
  • 小ボケ
  • 冷凍ボケ

今回のアタリエサは小ボケ。

オキアミだけだったら数釣りだけで終わるところでした。

そなえよつねに。

仕掛け

  • 竿:チヌ競技スペシャル III 0.6号-5.0
  • リール:インパルト2500H−LBD
  • ウキ:発泡ねうき、TD45
  • 道糸:2号
  • ハリス:1.2号
  • 針:カットチヌ3号、4号

フグの活性が上がってきて針が取られる回数が増え、今回は10本以上をロストしました。

持ってる針がなくなるかもって不安になったので、予備の針を増やさないといけません。

針のロストで糸結びも必然的に多くなりしたが、針結び機があればすぐに再開できます。

7月始めに買い換えた針結び機が大活躍でした。

関連記事

淡路島の黒鯛(チヌ)41センチ大雨後の淡路島で渾身の1匹!
はじめに7月8日(土)に「つゆばく」第二弾を期待して淡路島へ行ってきました。先週は狙い通りの釣果を出すことができたので、今週もと...

このブログはにほんブログ村のランキングに登録しています。

よろしければ下のバナーをポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ


スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. 本籍地は房総 より:

    かなり活性が高かったんですね。そんな中、43センチを引きずり出したのは流石です。

    • earlgrey より:

      あそこで数釣りとは思ってもみませんでした。
      最後の最後で釣れてよかったです。