大雨後の淡路島で渾身の1匹!


淡路島の黒鯛(チヌ)41センチ

はじめに

7月8日(土)に「つゆばく」第二弾を期待して淡路島へ行ってきました。

先週は狙い通りの釣果を出すことができたので、今週もと思い期待して行ってきましたが厳しい内容となりました。

それでもなんとか結果を出すことができて良い経験となりました。

関連記事

淡路島で紀州釣り、集合写真【淡路島】ようやく梅雨の爆釣を楽しめました
はじめに 2週間ぶりの淡路島へ行ってきました。 ツイッターを見ていると、梅雨の爆釣情報が流れていて私も早く釣りに行きたくてウズウ...

淡路島ホームグラウンド

前日から騒がれていた大雨は夜から降り続き、午前中にはやむ予報だったので、とりあえず現地で様子をみてから始めようと思い、いつもの通り夜明け前に現地着となりました。

夜が明けた頃はまだ強い雨が降っていて、あたりがすっかり明るくなった頃にようやく竿が出せそうになったので、団子を作って釣り座につきました。

そこから2時間くらいの間は弱い雨が降ったりやんだり、風と波は弱く、蒸し暑い。

釣れる雰囲気がプンプンして期待していたのですが、頻発していた小さいアタリはチヌのアタリではなく、小サバだったみたいです。

淡路島の小サバ

こんな小サバと格闘しているとあっという間に時間が経ってしまい、気づくと非常に強い雨雲が淡路島に接近してきていました。

次第に雨が強くなって、竿と杓を握る手が雨で滑り、釣りにならなくなってあえなく車に退避となりました。

焦る気持ちを抑えて2時間ほどテレビを見たり仮眠を取ったり、たまに雨雲レーダーで天気の移り変わりを確認しながら過ごしていました。

11時過ぎ頃にようやく雨が弱くなり、雨雲も切れてきたので、レインコートを着て再度釣り座につきました。

復帰後は小さいながらもキビレが釣れて「つゆばく」開始かも?って期待が膨らみましたが後が続かず、キスなど小物ばかりが先行。

淡路島のキビレ

淡路島のキス

良型のキスや、チャリコよりちょっと大きな真鯛を釣ってリリースしたので、横で釣りをしていた方のひんしゅくをかってたかも

3時を過ぎた頃からサビキ釣りのファミリーが増えてきてアミエビをどんどん投入されている頃に、ボラと思われる力強い団子アタリが出始めて釣れる雰囲気がピークに。

ボラの後ろにはチヌがいる!と信じて団子を集中投下。

ボラを2匹かけた後だったと思います。ようやくおチヌ様が来てくれました!

団子アタリ後の明確なアタリに合わせると乗せることができました。ゴンゴン叩く引きは、ボラとは明らかに違う引き。

チヌだと確信を持ってやりとりできた渾身の1匹。

淡路島の黒鯛(チヌ)41センチ

淡路島の黒鯛(チヌ)41センチ

この日唯一のチヌは良い引きをしてくれました。

41センチのおチヌ様。釣れてくれてありがとう!

このチヌを釣った直後に良型のアジが本格的にまわりはじめ、団子を投げても投げても、釣れるのはアジばかりになってしまいました。

アジの後ろにもチヌがいる!と信じて団子を集中投下。

しかし、釣れるのはアジばかり。

淡路島のアジ

このアジの回遊が終わったらまたチヌが釣れるかもと期待していましたが、すっかりあたりが暗くなった19時半を過ぎてもアジの回遊は収まらず、蛍光ウキが見えなくなったので終了となりました。

まとめ

チヌが姿を現さない時間が長かったですが、釣れると信じて団子を打ち続けた甲斐がありました。

期待していた「つゆばく」とはいきませんでしたが、40アップのチヌを釣ることができて良かったです。

針が取られることが多くなり、フグの気配も上がり調子だったのが前回との違いでした。

  • 釣行日:2016年7月9日(中潮)
  • チヌ:41センチ
  • キビレ:1匹
  • その他:真鯛2匹、キス2匹、アジ11匹、小サバ沢山

団子レシピ

  • ヌカ:10カップ
  • 砂:5カップ
  • 細引きさなぎ:1/2袋
  • チヌパワースペシャルMP:1/3袋
  • 押し麦:1/2袋
  • アミエビ:1/2袋
  • 海水:適量

今回は雨で午前中ほとんど団子を投げられなかったので、バッカン2杯分ですみました。

刺しエサ

  • Gクリル2L3L
  • 冷凍ボケ

当たりエサはオキアミでした。

仕掛け

  • 竿:チヌ競技スペシャル III 0.6号-5.0
  • リール:トライソ
  • ウキ:発泡ねうき、TD45
  • 道糸:2号
  • ハリス:1.2号
  • 針:カットチヌ3号、4号

ハピソン製の糸結び器が前々回の釣行時につぶれたので、道中の釣具屋で新たに購入しました。

購入したのは「乾電池式薄型糸結び器SLIMII」のニューバージョン。

私、普段は糸結び器を使用していますが、

手で巻けないんじゃないんです、巻かないんです。

糸結び器を使った方が短時間で確実に巻くことができるので愛用しています。

旧バージョンからの変更点は色がグレー系からグリーン系に変わったのと、ラインを止める金具にハリスカッター機能が追加されたこと。

その他、サイズと重量は全く同じ仕様で、持ちやすく扱いやすいです。

ハリスを頻繁に巻く必要がある釣りでは必修アイテムではないでしょうか。

お土産

帰路の途中、実家から頼まれていた玉ねぎを淡路サービスエリアで購入しました。

フードコート近くのワゴンにあった大粒の玉ねぎが安かったので、2袋購入。

淡路島産の玉ねぎは美味しい!

淡路島の玉ねぎ-1

淡路島の玉ねぎ-2

チヌ釣りの情報 → 釣りブログ チヌ・黒鯛釣り


スポンサーリンク

フォローする

コメント

  1. しばらく関東 より:

    いつも結果出しますね〜。お見事!次、そこに、行けるのは10月かな〜。

    • earlgrey より:

      この日はきつかったですよ。
      やっぱりアミエビが効き始めるとチャンスです。
      最後まで信じて待つのがいいようです。
      ただ、魚影は確実に下がっていますね。
      また同釣しましょう。