紀州釣りの小道具は小さくて軽めがいい


はじめに

紀州釣りの小道具について、最近使っているものを中心に書いてみました。

紀州釣りに限らず、チヌ釣りは軽い仕掛けなのでそれに習ってサルカン、からまん棒、ウキ止め、シモリ玉は極力小さめです。

小チヌは狙っていないので針だけは大きめです。そでも最近は小チヌばかりなんですけどね。

にほんブログ村テーマ 釣り道具・タックルへ
釣り道具・タックル

道糸

道糸

ラインはナイロンのサスペンドタイプ2号を使用です。風に弱いフロートは使用しません。

特にこだわりのメーカーやブランドはないですが、色で選んだらVermax磯のこの色になっていました。

道糸の色については好みと思います。基本的に魚の警戒心には影響しないと考えていますが、海での見易さは色によって全然違いますね。

ちなみにリールに巻いた道糸は使用後にいつも真水で洗って、陰干ししています。

明らかに劣化して来たら交換といった具合です。

劣化の状況は道糸に癖がついてきてすぐにわかります。ラインラブルが多くなったら、ためらわず即交換。

ハリス

ハリス

ここ最近、ハリスはずっとグランドマックスの1.2号を使用。

ハリスは最も傷つきやすいので、少し高めのものを使用してライントラブルでバラしたってことないようにしています。

1.2号でも年無しを上げているので、強度的には問題なしです。

あとは竿の硬さとのバランス。硬い竿を使っているのに細いハリスだと、食い込まれた時にすぐ切れてしまいます。ちなみに私の竿は基本0.6号です。

ハリスの長さは2ヒロから始めます。特にこれといった理由はないのですが、針が取られたりして結び直しているとだんだん短くなってくるので2ヒロぐらいがちょうど良いかなと思っています。

1ヒロを切ったらハリス全体を交換です。

スイベル

スイベル

サルカン(スイベル)もできるだけ小さいものにしています。

釣具屋でざっとみて一番小さいものを選択。メーカー、ブランドのこだわりはありませんが、写真のスイベルは小さくて最近の好みです。 

使用する針はもっぱカットチヌ。針だけは小さくなくて、4号が基本です。たまに食いが悪い時は3号に落としたりします。

針の色は銀、黒も試しましたが特に釣果に差があるとは思いません。銀でも黒でも年無し釣れました。

カゴ釣りをしていた時はオキアミカラーが断然釣果がよかったですが、紀州釣りに関してはあまり気にしていないです。

色よりも、サシエサのつけ方の影響が大きいと考えていて、サシエサの大きさに針の大きさがあっているかを一番気にしています。

4号の針の大きさでも20センチを切るマイクロチヌが釣れるので、これ以上小さいと小チヌばかり釣れそうで。。。

カットチヌはひねりが入っているので、サシエサを付けるとき、針先が外に出ていないか要注意。

ウキ止め

ウキ止めはあらかじめ結び目ができている商品(SかM)を使用して素早く結べることを優先しています。

太すぎるとガイドに引っかかりやすくなるので結び目の大きさも含めて細い方が良いです。

一度道糸に付ければ、高切れでロストしない限り釣行3,4回くらいは使い回しています。

シモリ玉

私の場合、シモリ玉はウキ止めとウキの間に使用し、ウキ止めとウキの絡みを取る役目だけに使用です。

色は見やすいので赤か蛍光の緑を使用しています。

からまん棒

言わずと知れたウキとラインが絡まないようにする魔法の棒。

これもできるだけ短いモノにしています。

まとめ

釣りの小道具については人それぞれでこだわりがあると思いますので、どんな仕掛けにしろ釣れた時の仕掛けが正解。

正解の幅は広く、自分の好みにあった仕掛けを使って気持ち良く釣りを楽しむのが一番と思います。

にほんブログ村テーマ 釣り道具・タックルへ
釣り道具・タックル

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ブログ訪問の印に下のバナーをポチッと押して頂けると、嬉しくて小躍りしてしまいます。

にほんブログ村 釣りブログ チヌ・黒鯛釣りへ にほんブログ村 釣りブログ 紀州釣りへ

↑ここでランキングされている方々のブログはいつも参考にさせていただいております。


スポンサーリンク

フォローする